総合人形専門店 こうげつ人形

雛人形(ひな人形)と五月人形そして鎧・兜・鯉のぼりや、 日本人形・フランス人形・盆提灯・祭り提灯などを製造販売する総合人形専門店。

こんな話しってる?端午の節句 豆知識

甲冑(鎧兜)を端午節句に飾る理由は?

飾るのは戦いの武具ではありません?

image 戦場で身を守ってくれる甲冑(鎧や兜)は、武家にとって、特に男子にとって、とても大事なものでした。
端午の節句では、鎧兜は子どもに災いがふりかからず、無事に逞しく成長するようにとの願いを込めて飾られています。

しかし、お節句に飾る鎧や兜は戦いの時の鎧や兜とは異なるようです。あのような殺伐とした実践的な甲冑武具ではありません。これらの甲冑 鎧 兜は儀式や式典の正装であり、晴れ着です。
神社仏閣に奉納されている甲冑をみてみると、戦いの道具にふさわしくないのがわかります。

日本の甲冑である鎧兜は日本人の独特な感性と美意識が表現されている、まさに芸術品です。

鎌倉武士のダンデイズム

image 北条家の家訓

「人の前に出るときはよくよく鏡を見て、服装その他に乱れはないか、着こなしには充分に気を配るべきである。
だが人の前に出てからは絶対に衣服をつくろったりしてはならない。
人に軽く思われたり笑われたるするからである。ともかく、内に居る時はどれほど身を装っても良いが、人前ではいささかもそのような振る舞いをしてはならない」

まことにオシャレな武士達でありました。

源義経は本当はあまりハンサムではなかったようですが、なぜ京都で絶大な人気を誇ったのでしょう?

宮中に行くときに、毎回デザインの異なった甲冑(鎧や兜)を着ていったのだそうです。
それが評判となって女性達の心を奪ったのだとか…。
そのようなことを思いながら、初節句に鎧や兜(甲冑)を飾ると楽しいですね。
ページ先頭へ戻る