お盆の由来といわれ お盆豆知識|総合人形専門店 こうげつ人形

雛人形(ひな人形)と五月人形そして鎧・兜・鯉のぼりや、 日本人形・フランス人形・盆提灯・祭り提灯などを製造販売する総合人形専門店。

こんな話しってる?お盆 豆知識

お盆の由来といわれ

お盆の正式名称は[盂蘭盆会・うらぼんえ]と言います。
先祖の精霊を迎え追善の供養をする期間を「お盆」と呼びます。・7月または8月の13日より16日までの4日間をさします
・13日の夕方に迎え火を焚き、先祖の霊を迎えます
・期間中には僧侶を招きお経や飲食の供養をします
・16日の夕方、送り火を焚き、御先祖さまにお帰りいただきます

逆さ吊り?

image [盂蘭盆会・うらぼんえ]とはインドのサンスクリット語のウラバンナ(逆さ吊り)を漢字で音写したもので、 転じて「逆さまに釣り下げられるような苦しみにあっている人を救う法要」という意味です。
お盆の行事はお釈迦さまの弟子の一人、目連尊者(もくれんそんじゃ)が母を救う話に由来しています。
目連尊者はある時神通力によって亡き母が餓鬼道に落ち逆さ吊りにされて苦しんでいると知りました。 そこで、どうしたら母親を救えるのかお釈迦様に相談したところ、 お釈迦様は言われました。
「夏の修行が終った7月15日に僧侶を招き、多くの供物をささげて供養すれば母を救うことが出来るであろう」と。
目連尊者がお釈迦様の教えのままにしたところ、その功徳によって母親は極楽往生がとげられたとのことです。
それ以来(旧暦)7月15日は、父母や先祖に報恩感謝をささげ、供養をつむ重要な日となりました。わが国では、推古天皇の14年(606)に、はじめてお盆の行事が行われたと伝えられています。
日本各地で行われるお盆の行事は、各地の風習などが加わったり、宗派による違いなどによってさまざまですが、一般的に先祖の霊が帰ってくると考えられています。
お寺では施餓鬼供養をしますが、家庭では先祖の霊が帰ってくる日としてさまざまな行事を行います。

日本における「お盆」

仏教に於ける盂蘭盆(ウランバナ)の行事―地獄の苦しみをうけている人々をこの世から供養することの功徳によって、その苦しみを救いたいという行事―と、
昔からの今の自分があるのは、ご先祖さまのお陰であると感謝する先祖崇拝の心と合体したものです。古くからの農耕儀礼や祖霊祭祀などが融合して伝えられてきたのが日本のお盆です。
お盆の習わしも、地域や宗教・宗派によって、あるいは時代によって、 さまざまに形を変えながら伝えられてきました。その意味では、これが絶対に正しいという決まりはありません。
しかし、親族が一堂に会し、先祖や故人を偲び、今日ある自分をかえりみるという、 お盆の根幹をなす理念は、千古の昔から変わらないものだといっていいでしょう。
わが国の朝廷で行われたのは推古天皇(606年)十四年七月十五日斎会を設けたのが初めてとされ、斎明天皇(657年)三年七月十五日飛鳥寺で盂蘭盆会が催されたとあります。江戸時代以前のお盆行事は武家、貴族、僧侶、宮廷の上層階級で主に催され、一般庶民に広まったのは江戸時代のようです。江戸時代に入ると庶民の間にも仏壇やお盆行事が普及し、又、ローソクが大量生産によって安価に入手できるようになってから提灯がお盆にも広く用いられるようになりました。

盆と正月・・・藪入り(やぶいり)

image 「盆と正月」という言葉が聞かれるほど、日本人にとってお盆は大切な行事と考えられています。 最近は藪入り(やぶいり)という言葉も死語となってしまいました。江戸の時代、お正月とお盆には奉公人が休みをとって実家に帰ることが出来る時期で、これを「藪入り」と称しました。
当時は、仕事を見習うために、職人・商人ともに、十三・四歳頃から師匠や商家を選んで丁稚奉公にでたものです。丁稚たちは例年、正月の薮入りに主人から衣類万端与えられ、小遣いをもらって親許へ帰ります。この時期はまた、他家に嫁いだ女性が実家に戻ることの出来る時期でもあり、自分と自分の家(先祖、ルーツ・・・)の繋がりを確認する大切な行事でありました。
image image

日本の「お盆」は、仏教の盂蘭盆(ウランバナ)が藪入り(やぶいり)に結びついて、現代に伝えられたものです。先祖の霊が帰ってくる日ということで、親戚一同が集まってお迎えし供養します。
故郷を離れている人も帰郷する人も多いことでしょう 。
新しく家族になった人たちのお披露目や近況報告・思い出話などなど・・。日本のお盆行事は、家族や一族があつまりご先祖を供養し、亡くなられた人をしのぶ行事として行なわれます。家族や一族が集まり、故人の思い出を語り合うことは大変に意義ある素晴らしい風習であると思います。

お盆の意義

image お盆(盂蘭盆会)は、先祖や亡くなった人たちが苦しむことなく、成仏してくれるようにと、私たち子孫が、報恩の供養をする時なのです。

◆ 離れていて供養に参加できない場合は・・・
最近は夏休みの時期も人それぞれ。お盆に実家に帰れないという人も多いはずです。部屋の中に盆棚に見立てたコーナーをつくってみてはいかがでしょうか?
キキョウ、萩、ホオズキなどお盆につきものの花や先祖の霊が乗るといわれる、キュウリやナスビで作った馬や牛を飾りましょう。
これに毎日お水を供えて遠く離れたご先祖様の霊に手を合わせてみて。お線香も必ずたきましょう。お墓参りになかなか行けない人も、日頃のお礼の気持ちをご先祖様に伝えるいい機会です。地方によってその日程、盆棚の飾付け方などは多少異なりますが、その心は同じはず。家の事情によってお仏壇を置いていない家庭も多いようですが、お盆の間だけでも先祖への気持ちを大切にして、簡単なお飾りだけでも作りませんか?

お墓参りの必需品、お迎え提灯。シンプルな家紋のみ、家紋・家名入りなど。
特殊家紋も無料です!使っていた提灯やお墓、着物などの写真から家紋作成可能です。

新盆で使用する白い提灯から、毎年飾れる吊り下げ型、大内行灯など

  • 白紋天 店長おすすめ!

    中尺 紋天

    ¥1,980(税別)

    新盆用の1回限りの白紋天です。枠・火袋共に紙製です

  • 本桜 2本一対(左右対称)11号

    本桜 2本一対(左右対称)11号

    ¥46,200円(税別・家紋入り)

    火袋の外側は正絹の秋草と流水の図、内側は和紙。二重火袋の内側に家紋が入ります。

  • 御殿丸 特三丸

    御殿丸 特三丸

    ¥22,000(税別・家紋入り)

    「御殿丸・ごてんまる」と呼ばれる丸い吊り下げ型提灯。

  • モダン型 和照灯

    モダン型 和照灯

    ¥25,000円(税別・家紋入り)

    和照灯シリーズはインテリアのようなモダン型盆提灯。オシャレで人気です。

  • お迎え提灯 店長おすすめ!

    お迎え提灯

    ¥7,000(税別)~

    正面家紋のみ、家名・家紋入り、桐箱付き、など。
    提灯サイズ:幅24×奥行24×高さ38cm (約)

  • 大内行灯 2本一対

    大内行灯 2本一対

    ¥11,000円(税別)~

    正式には2本一対で飾ります。木製で火袋二重の左右対称柄が人気です。

  • 吊り下げ式

    吊り下げ式

    ¥1,980円(税別)~

    新盆には1回限りの紙製白紋天を用意します。柄入りや家紋入りは毎年飾ります。

  • 現代型、ペット用

    現代型、ペット用

    ¥8,880円(税別)~

    洋間のインテリアにも馴染む現代型、モダン型。家族の一員であるペットちゃん用も増えています。

  • 盆提灯は製造販売元で

    お迎え提灯(弓張提灯)、置き型(大内行灯、現代型、モダン型、ペット用)、吊り提灯(御所提灯、御殿丸、住吉)、など豊富に取り揃えております。

  • お祭り提灯の製造販売

    江戸型弓張提灯、高張提灯、丸型、吊り下げ型、桶型・マイト型、各種電池灯もございます。
    人形工房ならではの仕上がりの良さをご覧下さい。粋なデザインお任せ下さい!

盆ちょうちんの販売と通販、祭り提灯の製造販売と通販。手書きで製作する祭り提灯や家紋を入れたり家名や戒名を入れる、オーダーメードの提灯製造が得意です。特に盆提灯は家紋の入る盆提灯をおすすめしています。家紋入りの盆提灯の製造と販売は、こうげつ人形の提灯販売部門です。吊し提灯や大内行灯を始め、家紋入り提灯など豊富な盆提灯を販売しています。
ページ先頭へ戻る