お盆のスケジュール お盆豆知識|総合人形専門店 こうげつ人形

雛人形(ひな人形)と五月人形そして鎧・兜・鯉のぼりや、 日本人形・フランス人形・盆提灯・祭り提灯などを製造販売する総合人形専門店。

こんな話しってる?お盆 豆知識

お盆のスケジュール 準備と予定

お盆前、盆月に入ったら お盆を迎える準備をはじめます。
  • 盆月の朔日(ついたち)

    盆月の朔日(ついたち)

    寺院への依頼、お墓のお掃除、自宅の準備など

    盆月の準備は朔日(ついたち)から始まる。
    この日にあの世の釜のフタが開いて、ご先祖様の霊が 冥土からそれぞれの家に旅立つ。
    寺院によっては、ゾウリや白提灯が必要の場合が あるので、習慣をたずねておく。
    帰ってこられる霊のために、お墓のお掃除は盆月に入ったらすぐに始める。
    盆棚・仏具・ローソク・線香などの準備。盆提灯の組み立て。
    新盆の場合は、お見舞者への返礼品の準備。新盆用の提灯の準備(親族など)。

  • 12日 (準備)

    12日 (準備)

    お供え物の準備など

    就寝前に仏壇の扉を閉めておく地域もある。
    毎日拝んでいる仏壇に盆様を迎えてはいけないとされて いるためで、 盆棚をつくるのもそのような理由からと伝えられる。
    盆棚は、竹または木製のものとされている。

  • 13日 (迎え盆)

    13日 (迎え盆)

    お盆の入り 朝=準備

    お位牌を仏壇から盆棚に移す。
    仏具・御霊膳・花・ナスとキュウリの牛と馬などを 供える。
    お迎え提灯・お供え物・花・線香・ローソクなどを準備。

  • 13日午前=お墓参り

    13日午前=お墓参り

    家族そろってお墓参りにゆく

    「迎えは早く、送りは遅く」と一般には言われている。
    お墓で線香をつけ、その火を提灯に移して持ち帰る。 この火が精霊だとも言われている。 その火を盆棚の灯明に移すのだが、最近は火の始末などの心配もあり、形式的に済まされることが多い。そのために、電気式の盆提灯が普及してきている。

  • 13日夕方=迎え火

    13日夕方=迎え火

    迎え火をたく(習慣がある場合)

    戸外が暗くなったら、家の門口や玄関で「迎え火」を たく。
    精霊が迎え火を目印に帰ってくると言われるためで、 盆提灯の電気をつけることも同様の意味がある。

  • 14日~15日(盆中日)

    14日~15日(盆中日)

    読経、会食など

    お盆中は、灯明を絶やさず 三度の食事は家族と同じものを供える。(地域により供え物は様々)
    僧侶を迎えて、読経をしていただく。 会食 ・宗教・宗派に関係なく、親族や故人と親しい人たちを 招いて、会食をすることが一般的に多い。

  • 16日 (送り盆)

    16日 (送り盆)

    お盆の明け  夕方=送り火をたく(習慣がある場合)

    御霊は午前中まで我が家に居るので、 お供え物をする。
    送り火をたいて、御霊のお見送りをする。戸外が暗くなったら、家の門口や玄関で「送り火」を たく。精霊を送る送り火。「来年もお会いしましょう」という気持ちを込めて送る。

  • 17日 後片つけ

    17日 後片つけ

    盆提灯の片付けなど

    盆提灯はしまい、来年まで保管しておく。
    新盆用の白い提灯はその年限りのため、処分。お寺でお焚き上げなどをする。
    処分したくても出来ないようなものは寺院に相談する。

これは一例にすぎません。 各地で様々なかたちで、お盆をむかえています。
お盆は、本来は仏教の行事でした。 しかし働く人にとっては長期の盆休暇です。
故郷のある人は帰り、一家の集まる意義ある日々です。 盆踊りを楽しんだり、旧友知己との出会い。
現在は宗教をこえて、 私達日本人の生活の中にしっかりと根ざした、 夏の季節の節目となっています。

お墓参りの必需品、お迎え提灯。シンプルな家紋のみ、家紋・家名入りなど。
特殊家紋も無料です!使っていた提灯やお墓、着物などの写真から家紋作成可能です。

新盆で使用する白い提灯から、毎年飾れる吊り下げ型、大内行灯など

  • 白紋天 店長おすすめ!

    中尺 紋天

    ¥1,980(税別)

    新盆用の1回限りの白紋天です。枠・火袋共に紙製です

  • 本桜 2本一対(左右対称)11号

    本桜 2本一対(左右対称)11号

    ¥46,200円(税別・家紋入り)

    火袋の外側は正絹の秋草と流水の図、内側は和紙。二重火袋の内側に家紋が入ります。

  • 御殿丸 特三丸

    御殿丸 特三丸

    ¥22,000(税別・家紋入り)

    「御殿丸・ごてんまる」と呼ばれる丸い吊り下げ型提灯。

  • モダン型 和照灯

    モダン型 和照灯

    ¥25,000円(税別・家紋入り)

    和照灯シリーズはインテリアのようなモダン型盆提灯。オシャレで人気です。

  • お迎え提灯 店長おすすめ!

    お迎え提灯

    ¥7,000(税別)~

    正面家紋のみ、家名・家紋入り、桐箱付き、など。
    提灯サイズ:幅24×奥行24×高さ38cm (約)

  • 大内行灯 2本一対

    大内行灯 2本一対

    ¥11,000円(税別)~

    正式には2本一対で飾ります。木製で火袋二重の左右対称柄が人気です。

  • 吊り下げ式

    吊り下げ式

    ¥1,980円(税別)~

    新盆には1回限りの紙製白紋天を用意します。柄入りや家紋入りは毎年飾ります。

  • 現代型、ペット用

    現代型、ペット用

    ¥8,880円(税別)~

    洋間のインテリアにも馴染む現代型、モダン型。家族の一員であるペットちゃん用も増えています。

  • 盆提灯は製造販売元で

    お迎え提灯(弓張提灯)、置き型(大内行灯、現代型、モダン型、ペット用)、吊り提灯(御所提灯、御殿丸、住吉)、など豊富に取り揃えております。

  • お祭り提灯の製造販売

    江戸型弓張提灯、高張提灯、丸型、吊り下げ型、桶型・マイト型、各種電池灯もございます。
    人形工房ならではの仕上がりの良さをご覧下さい。粋なデザインお任せ下さい!

盆ちょうちんの販売と通販、祭り提灯の製造販売と通販。手書きで製作する祭り提灯や家紋を入れたり家名や戒名を入れる、オーダーメードの提灯製造が得意です。特に盆提灯は家紋の入る盆提灯をおすすめしています。家紋入りの盆提灯の製造と販売は、こうげつ人形の提灯販売部門です。吊し提灯や大内行灯を始め、家紋入り提灯など豊富な盆提灯を販売しています。
ページ先頭へ戻る