迎え火と送り火って? お盆豆知識|総合人形専門店 こうげつ人形

雛人形(ひな人形)と五月人形そして鎧・兜・鯉のぼりや、 日本人形・フランス人形・盆提灯・祭り提灯などを製造販売する総合人形専門店。

こんな話しってる?お盆 豆知識

迎え火と送り火って?

五山送り火(ござんのおくりび)

image 「大文字」で有名な五山送り火 (ござんのおくりび)はお盆の送り火の代表的なものです。
毎年 8月16日に京都府 京都市 にある 如意ヶ岳 (大文字山)などで行われますが、 宗教・歴史的な背景から「 大文字の送り火 」と呼ばれることもあります。
一般的には大の字が有名のため「大文字焼き」とも呼ばれることもありますが、これは正しい言い方ではないそうです。
(迎え火、送り火の習俗は江戸時代に盛んになったものです。)

迎え火と送り火

image image

◆迎え火
盆の入り(13日)の夕方、家の前で火を焚き祖先の霊を迎えます。これが迎え火です。
2日夕刻か13日午前中に精霊棚や仏壇のお飾りとお供えをすませ、13日の夕刻、縁側の軒先か精霊棚のところに吊るされた盆堤灯に火をともします。そして家の門口や玄関で素焼の焙烙(ほうろく)にオガラと呼ばれる皮をはいだ麻の茎を折ってつみ重ね、火をつけて燃し、その場で合掌します。これを迎え火といい、オガラを燃したその煙に乗って先祖の精霊が家に戻ってくるのを迎えます。(おがらは最近ではスーパーなどでも手に入るようになっています。 最近では「焙烙(ほうろく)」と呼ばれる素焼きの皿がありますので安全に迎え火をたくことができます。)

◆送り火
盆明け(16日)の夕方に火を焚いて祖先の霊を帰します。これが送り火です。
家に迎えた精霊を今度は送り火をたいてお墓に帰っていただきます。迎え火をたいた同じ場所で16日(又は15日)オガラをつみ重ねて送り火をたきます。
盆送り、送り盆などとも呼ばれます。京都の夜を美しく彩る大文字焼はこの送り火の名残であるとされます。盆棚の飾り物や供物は盆舟に乗せ明かりをともし、川や海に流しましたが、現在では一部の地方以外は行われていません。
九州北部での精霊流しは、さだまさしさんの歌でも有名でご存知の方も多いでしょう。

ご家庭によっては実際に火を焚くことができない場合もあり、そうした時には盆提灯に電気で明りを点すことや明りを入れないでただお飾りするだけで迎え火、送り火とすることもあります。
迎え火の変形として有名なのが盆提灯です。門前に吊された提灯は、祖霊がやってくるための目印であり、またその家の中に祖霊が滞在しているしるしであるとされ鎌倉時代からこの盆提灯の風習は行われています。

精霊流しと花火大会

image image

送り火の一種。船にしつらえた灯籠を川や海へ流しこの灯籠と一緒に盆に迎えた先祖の霊を送り出す行為が原型です。
精霊流しの際には、盆の間に供えた野菜や果物などのお供え物も流します。これは祖先の元へ供物を贈るという面と、死の世界と関わったけがれを水によって清めるという面をもったものでしょう。
精霊流しや灯籠流しなどで霊を迎えたり送ったりする地方や宗派もありますが、 最近ではそれができる川や海がなくなっているというのが実情です。 またお盆には「しょうりょう」という言葉をよく耳にしますが、「精霊(しょうりょう)」とは亡くなった人々の霊(れい)のことをさした言葉です。「精霊流し(しょうりょうながし)」は戻ってきた祖先の霊(れい)たちが、安(やす)らかに帰れるようにと、供え物を舟(ふね)にのせて、海や川に流す行事です。

夏祭りのメインイベントの打ち上げ花火は元来、精霊送りの行事であったとされています。

お墓参りの必需品、お迎え提灯。シンプルな家紋のみ、家紋・家名入りなど。
特殊家紋も無料です!使っていた提灯やお墓、着物などの写真から家紋作成可能です。

新盆で使用する白い提灯から、毎年飾れる吊り下げ型、大内行灯など

  • 白紋天 店長おすすめ!

    中尺 紋天

    ¥1,980(税別)

    新盆用の1回限りの白紋天です。枠・火袋共に紙製です

  • 本桜 2本一対(左右対称)11号

    本桜 2本一対(左右対称)11号

    ¥46,200円(税別・家紋入り)

    火袋の外側は正絹の秋草と流水の図、内側は和紙。二重火袋の内側に家紋が入ります。

  • 御殿丸 特三丸

    御殿丸 特三丸

    ¥22,000(税別・家紋入り)

    「御殿丸・ごてんまる」と呼ばれる丸い吊り下げ型提灯。

  • モダン型 和照灯

    モダン型 和照灯

    ¥25,000円(税別・家紋入り)

    和照灯シリーズはインテリアのようなモダン型盆提灯。オシャレで人気です。

  • お迎え提灯 店長おすすめ!

    お迎え提灯

    ¥7,000(税別)~

    正面家紋のみ、家名・家紋入り、桐箱付き、など。
    提灯サイズ:幅24×奥行24×高さ38cm (約)

  • 大内行灯 2本一対

    大内行灯 2本一対

    ¥11,000円(税別)~

    正式には2本一対で飾ります。木製で火袋二重の左右対称柄が人気です。

  • 吊り下げ式

    吊り下げ式

    ¥1,980円(税別)~

    新盆には1回限りの紙製白紋天を用意します。柄入りや家紋入りは毎年飾ります。

  • 現代型、ペット用

    現代型、ペット用

    ¥8,880円(税別)~

    洋間のインテリアにも馴染む現代型、モダン型。家族の一員であるペットちゃん用も増えています。

  • 盆提灯は製造販売元で

    お迎え提灯(弓張提灯)、置き型(大内行灯、現代型、モダン型、ペット用)、吊り提灯(御所提灯、御殿丸、住吉)、など豊富に取り揃えております。

  • お祭り提灯の製造販売

    江戸型弓張提灯、高張提灯、丸型、吊り下げ型、桶型・マイト型、各種電池灯もございます。
    人形工房ならではの仕上がりの良さをご覧下さい。粋なデザインお任せ下さい!

盆ちょうちんの販売と通販、祭り提灯の製造販売と通販。手書きで製作する祭り提灯や家紋を入れたり家名や戒名を入れる、オーダーメードの提灯製造が得意です。特に盆提灯は家紋の入る盆提灯をおすすめしています。家紋入りの盆提灯の製造と販売は、こうげつ人形の提灯販売部門です。吊し提灯や大内行灯を始め、家紋入り提灯など豊富な盆提灯を販売しています。
ページ先頭へ戻る