盆踊りとの関連は? お盆豆知識|総合人形専門店 こうげつ人形

雛人形(ひな人形)と五月人形そして鎧・兜・鯉のぼりや、 日本人形・フランス人形・盆提灯・祭り提灯などを製造販売する総合人形専門店。

こんな話しってる?お盆 豆知識

盆踊りとの関連は?

盆踊りについては、さまざまな説があります

image image

●お盆にもどってきた精霊を慰め餓鬼や無縁仏を送るための踊りという説。
●お盆の供養のおかげで成仏することのできた亡者たちが歓喜する姿を表現したという説。
●お盆にもどってきた精霊たちを踊りに巻き込みながら送り出すためという説。
●悪霊や亡者たちを踊りながら追い出すもの。
と、いろいろです。

いずれにしても、祖先たちの精霊のために踊るものですが、同時に、私たち生きている者の楽しみの一つであり、喜びの表現でもあります。
盆踊りのル-ツ ・盆踊りは本来は仏教行事です。平安時代、空也上人によって始められた念仏踊りが、盂蘭盆の行事と結びつき、精霊を迎える、死者を供養するためのものという意識になっていきました。室町時代の初めには、太鼓などをたたいて踊るようになったといわれています。 時代とともに、宗教的意識は薄くなり、民衆の娯楽として発展してきました。地方によっては男女の出会いの場、求婚の場として、重要な行事となっていました。 現代では、すっかり“踊りを楽しむお祭”として各地で催されるようになっています。

最近では宗教的な色合いは薄れてきましたが、元来盆踊りは、戻ってきた精霊を慰め、送り出すために催されてきました。また、戻ってきた霊が供養のおかげで成仏できた喜びを踊りで表す、と伝えられている地方もあります。 私たちが、祖先に感謝し生きていることの喜びを表現するために踊ると考えてもよいでしょう。

新盆で使用する白い提灯から、毎年飾れる吊り下げ型、大内行灯など

  • 白紋天 店長おすすめ!

    中尺 紋天

    ¥1,980(税別)

    新盆用の1回限りの白紋天です。枠・火袋共に紙製です

  • 本桜 2本一対(左右対称)11号

    本桜 2本一対(左右対称)11号

    ¥46,200円(税別・家紋入り)

    火袋の外側は正絹の秋草と流水の図、内側は和紙。二重火袋の内側に家紋が入ります。

  • 御殿丸 特三丸

    御殿丸 特三丸

    ¥22,000(税別・家紋入り)

    「御殿丸・ごてんまる」と呼ばれる丸い吊り下げ型提灯。

  • モダン型 和照灯

    モダン型 和照灯

    ¥25,000円(税別・家紋入り)

    和照灯シリーズはインテリアのようなモダン型盆提灯。オシャレで人気です。

お墓参りの必需品、お迎え提灯。シンプルな家紋のみ、家紋・家名入りなど。
特殊家紋も無料です!使っていた提灯やお墓、着物などの写真から家紋作成可能です。

  • お迎え提灯 店長おすすめ!

    お迎え提灯

    ¥7,000(税別)~

    正面家紋のみ、家名・家紋入り、桐箱付き、など。
    提灯サイズ:幅24×奥行24×高さ38cm (約)

  • 大内行灯 2本一対

    大内行灯 2本一対

    ¥11,000円(税別)~

    正式には2本一対で飾ります。木製で火袋二重の左右対称柄が人気です。

  • 吊り下げ式

    吊り下げ式

    ¥1,980円(税別)~

    新盆には1回限りの紙製白紋天を用意します。柄入りや家紋入りは毎年飾ります。

  • 現代型、ペット用

    現代型、ペット用

    ¥8,880円(税別)~

    洋間のインテリアにも馴染む現代型、モダン型。家族の一員であるペットちゃん用も増えています。

  • 盆提灯は製造販売元で

    お迎え提灯(弓張提灯)、置き型(大内行灯、現代型、モダン型、ペット用)、吊り提灯(御所提灯、御殿丸、住吉)、など豊富に取り揃えております。

  • お祭り提灯の製造販売

    江戸型弓張提灯、高張提灯、丸型、吊り下げ型、桶型・マイト型、各種電池灯もございます。
    人形工房ならではの仕上がりの良さをご覧下さい。粋なデザインお任せ下さい!

盆ちょうちんの販売と通販、祭り提灯の製造販売と通販。手書きで製作する祭り提灯や家紋を入れたり家名や戒名を入れる、オーダーメードの提灯製造が得意です。特に盆提灯は家紋の入る盆提灯をおすすめしています。家紋入りの盆提灯の製造と販売は、こうげつ人形の提灯販売部門です。吊し提灯や大内行灯を始め、家紋入り提灯など豊富な盆提灯を販売しています。
ページ先頭へ戻る