総合人形専門店 こうげつ人形

雛人形(ひな人形)と五月人形そして鎧・兜・鯉のぼりや、 日本人形・フランス人形・盆提灯・祭り提灯などを製造販売する総合人形専門店。

こんな話知ってる?雛人形豆知識

雛祭りの由来といわれ

雛祭りと雛人形の関わりあい

image 雛人形と雛祭りは当然ながら密接な関係があります。
ひな祭りをイメ-ジすると当然のことながら、雛人形を思い浮かべます。

10世紀以上もの歴史のある雛人形は、日本独自の大切な文化遺産ともいえます。「源氏物語」や「枕草子」などにも登場する「ひいなあそび」などからも、日本らしさの歴史を感じます。

「雛祭り」と「雛人形」の関わりを語るには、まず3月3日の「上巳の節句」(じょうしのせっく)からでしょうか?

「上巳の節句」(じょうしのせっく)が桃の節句となった?

基本的には下記のことを知っておきましょう。

・雛祭りは桃の節句と呼ばれること。
・桃の節句は「五節句」のひとつの「上巳の節句」(じょうしのせっく)であること。
・中国の思想と日本独自の風習が一緒になったこと。
・「上巳」(じょうし)は、「じょうみ」とも呼ばれ、 3月の初めの巳の日をいいます。

この日、水辺に出て不祥を除くための禊(みそぎ)祓(はらえ)を行い、宴会を催してお祝いをしました。古代中国では、初めは巳の日でしたが、魏の時代より3日となったそうです。
中国でのこの行事のいわれは、けがれを祓い清める招魂の意味が強かったようですが、日本独特の祓(はらえ)の思想と結びつきました。
日本でも「日本書紀」に「3月3日が上巳の節句」との記述が残っています。
image image

・祓(はらえ)の道具として人形(ひとがた)がありました。
「延喜式」にも記述されていますが、人形(ひとがた)に不浄を託して川や海に流して、災厄を祓うという風習がありました。古代からの日本の俗信仰として、自分の罪を人形(ひとがた)に託し、肌身にすりつけ、息をふきかけ、これを水に流すのです。その人形(ひとがた)が、天児(あまがつ)であり這子(ほうこ)です。
遠山記念館蔵(ホームページ参照)

雛人形の原型には二つの流れがある

image image

・雛人形は祓(はらえ)用の天児(あまがつ)・這子(ほうこ)と、「ひひな遊び」のお人形が一緒になったものです。
・昔は子供が無事に育つことは大変なことだったのでしょう。「上巳の節句」(じょうしのせっく)の使用された天児(あまがつ)や這子(ほうこ)はいつしか幼子の病気や災厄をはらい無事な成長を祈るものとなってゆきました。
・上巳の祓に贈られた人形が枕辺におかれ、祓の後に神聖なものとして翌年にも用いられようになり、幼子が3歳になるまで身に添えて持たせるなどの風習も生まれました。
・上記の祓(はらえ)用の天児(あまがつ)
・這子(ほうこ)とは別に、「ひひな遊び」のお人形というものがありました。
平安時代の古典「源氏物語」に、貴族の少女達が「ひいな遊び」をしている風景が登場しています。
「枕草子」にも描かれていますね。

・「ひひな」は、上巳の祓や3月3日とは関係なく幼女の遊び道具として存在していました。この「ひとがた」と「ひひな」が結びついて、現在の「お雛さま」が生まれました。
・上巳の祓の人形と幼女の遊び道具の人形は、中世以降になると次第に立派なものとなります。捨てていた人形(ひとがた)も「飾り雛」として造られるようになり、江戸時代になると、平安時代の宮廷を模した雛壇の雛人形となってゆきました。
・雛遊びが雛祭りと変化してゆくのは、江戸幕府が令の規定の3月3日の節日を「五節句」の一つに定めたことが最大の誘因でしょう。時代が進んで、上巳の祓いの人形(ひとがた)が保存されるようにな、3月3日に娘の幸福を願って人形を飾る風習がゆきわたってゆきます。
・宝暦年間(1751~1764)以降、京都から江戸への文化の移動に伴い、文化・文政年間(1804~1830)頃には京都とともに江戸にも雛人形を飾る風習が広まってゆきました。
雛市なども隆盛となり、市民の間にも浸透していったのです。それ以降、雛祭りは明治・大正・昭和と盛んとなってゆきます。

桃の節句は五節句のひとつ

image ・五節供は「五節句」とも書きます。
江戸幕府がこれらの五節句を式日と定めたのは、従来の宮廷の伝統的節会を踏襲する意味がありました。

しかしそれ以上に、武士社会と密接な関係がある農村地帯の民俗的な節日を受容し、これに中国式の解釈を施して形成されたと考えられています。  

・「五節句」の制度は明治6年に廃止されましたが、民間行事として定着しています。五節句は必ず季節の草や木に関連していますが、季節に応じた植物を食することで邪気を払うのが目的でした。

・人日の節句 お正月の七草…(七草粥)
・桃の節句   3月の上巳の桃・よもぎ…(桃花酒→江戸時代以降は白酒)
・端午の節句 5月の端午の菖蒲…(ちまき→江戸時代以降は柏餅)
・七夕の節句 7月の七夕の竹・瓜…(さくげ→江戸時代以降はそうめん)
・重陽の節句 9月の重陽の菊…(菊酒)

→五節句の詳しい解説はこちら

桃の節供と呼ばれるのは、その季節のものというのも理由のひとつでしょうが、桃には邪気を払うという魔除けの信仰があったからだそうです。
ページ先頭へ戻る