総合人形専門店 こうげつ人形

雛人形(ひな人形)と五月人形そして鎧・兜・鯉のぼりや、 日本人形・フランス人形・盆提灯・祭り提灯などを製造販売する総合人形専門店。

こんな話知ってる?雛人形豆知識

市松人形の秘密

歌舞伎役者・佐野川市松の舞台姿を人形に

image 歌舞伎役者・佐野川市松の舞台姿をお人形にしたところ、大ヒットしたのが「市松人形」の始まりです。
佐野川市松は、東洲斎写楽の絵でも有名です。市松模様の着物を着ています。
とにかく天才の写楽ですから、かわいいとか、お人形さんみたいとかという訳にはいきませんが…。

佐野川市松は、徳川吉宗の時代の人。江戸中村座の歌舞伎役者で非常に美貌であったため、女性に大変に人気がありました。  
「心中万年草」という芝居のなかの「小姓・粂之助」に扮したときに、紺色と白色の碁盤縞をならべた模様を袴にもちいました。
その姿が非常に人気を呼び、模様も「市松模様」・「市松格子」として女性のあいだに流行しました。
現在の市松人形は、当時とはかなりスタイルも変わりましたが、日本人の文化遺産として大切に保存したいものです。

市松人形の髪の毛がのびる?

image image

そんなはずはありませんよね。本当は皆さんの誰もが知っています。テレビに出たがる人や、芸能人の悪ふざけも困ったものです。
ドラマの脚本家も、アイデアが不足するとそんなことを書きたがります。
本当に髪の毛が伸びるのならば、博物館入りの国宝級です。
そういうお人形に限って、何年も前から伸びていると言いながら、不思議なのはどの髪の毛も適当な長さであることです。
ものすごく長くのびても良いはずですのにね。

一般の方の勘違いは、ほとんどが以下の理由です。

①製作時の、仕上げ忘れ。(粗悪品に多い)
②半年以上の収納による、髪の毛のよれ。(寝ぐせのようなもの)
③髪の毛の変色は、長い年月ではあたりまえです。絹糸を使用したものが多いので、黒色がだんだん薄くなります。   

ページ先頭へ戻る