こんな話知ってる?雛人形豆知識 雛人形疑問点|総合人形専門店 こうげつ人形

プリンセス雛人形、ひな人形、五月人形、鎧・兜・鯉のぼり、 日本人形・フランス人形、提灯、盆提灯、祭提灯、山車人形、山車幕などを製造販売する総合人形専門店。

こんな話知ってる?雛人形豆知識

雛人形の選び方と買い方

雛人形は可愛いお子さまの初節句にかかせません。日本の伝統美を代表する雛人形ですから、慎重に選ぶことが大切です。
ご予算の範囲内でフィーリングに合った雛人形を選ぶことをお勧めします。

雛人形選びは一にお顔、二に衣裳

image 雛人形は、お顔のサイズや見る角度・お衣裳により、様々な表情を見せます。雛人形にとってお顔は最も大切です。
雛人形のお顔も好みがありますから、お顔の種類の豊富なお店で選びましょう。
「このお顔が一番良い、他はダメ~」なんてお店は絶対にやめましょうね。

・雛人形(ひな人形)の作り方や素材ばかり強調するのもどうでしょうか?ちょっとの違いをすごく強調するのはおかしいのです。

・雛人形(ひな人形)のお顔の製作過程は、どの作家でも、基本はほとんど変わらないのです。理由はお顔の製作は伝統工芸ですから、違ったらおかしいのです。

お顔の制作方法をこちらからごらんください。 >>>お顔の製作現場から

雛人形(ひな人形)を選ぶ前にしておくこと

image 飾りたい場所の寸法を測っておきましょう。
お店には色んな大きさの雛人形が並んでいるため、家での感覚とは違って感じる事があります。
横幅、奥行き、高さを調べておくと目安となり、選びやすいです。
最近はコンパクトな雛人形(ひな人形)もたくさんあります。

ホームページやカタログで

image お店で実物を見ることが一番良いのですが、ホームページやカタログを取り寄せて見ることをおすすめします。

①ホームページで雛人形の下見をする。 
②雛人形のカタログを取り寄せて家族で相談する。

ご実家などのご両親やご家族でホームページやカタログをみながらじっくり相談して決められます。

お店選びは「節句人形アドバイザー」がいる人形専門店で

image 「節句人形アドバイザー」は、社団法人・日本人形協会が試験・審査して認定する制度です。

人形(ひな人形)の選び方と買い方で、一番大切なのはお店選びです。
【社団法人日本人形協会】に所属する専門店であることはかなりのポイントです。
社団法人日本人形協会は、「 消費者に誤解を招く恐れのある宣伝販売をする業者に対し、健全なる販売をする様指導する。」ことを目的としていますので、この日本人形協会に所属していることが一つの目安になると思います。

その最も重要なことは、「節句人形アドバイザー」が所属する専門店は、二重価格表示をしないこと、不当な宣伝販売をしないことを守るということです。

節句人形アドバイザーのいる専門店ならばかなり安心できると思います。

>>>節句人形アドバイザーについて(一般社団法人日本人形協会HP)

雛人形の選び方と買い方の6大ポイント

①ホームページや広告に掲載した雛人形、すぐに売り切れたり、極端に安いお店は?

image →販売の為のおとり広告が多いです。

ネット上では極端に安い金額をつけ、クリックすると「完売」の表示となる例が多く見受けられます。
誠に悪質なネットビジネス(おとり商法)ですので、ぜひご注意ください。

また、50%OFFや80%OFFなど、極端な値引き価格となっており、支払い方法が「銀行振込」のみとなっているページは、ほぼ詐欺サイトで間違いないと思って頂いたほうが良いです。

②「高い掛け値をつけた二重価格」をしないお店を選ぶ。

・雛人形の値引きが大きいお店は危険です。
・「二重価格」や「値引きをする」お店の場合は、値引き後の販売価格で比較することが大切です。
・雛人形を毎年飾るたびに後悔をしないためにも、「値引き」にばかり目を奪われないようにしましょう。
・ちょっと???と思ったら冷静になって、もう一度考えてみましょう。

「こうげつ人形」ではインターネットやカタログで販売価格を公表しています。
販売価格を公表しているので、適切な金額かどうか?」、カンタンに比較できるので、安心してお求めいただけると思います。

③店員がピッタリマークして押し売りをしない店を選ぶ。

店員の説明を参考に、ご自分やご家族のペースで選んでください。

④雛人形(ひな人形)の種類が豊富な店を選ぶ。

image 最近は種類が豊富となりました。
たくさんの種類から選びましょう!

⑤雛人形(ひな人形)のカタログがある店を選ぶ。

image 節句商品はその時期しか販売していません。手作り品のため、完売した品をすぐ入荷する事は出来ません。迷ってしまった場合は、自宅に帰ってから、印象に残った品をカタログでジックリと選びましょう。

⑥「ウチだけがすごくて、他店は略式で普及品」というお店は?

このような販売店も多くみられますので、消費者の方は迷いますね。
一部だけ強調して他は手抜きなんていう雛人形があります。
人形師の作風により、特徴は異なります。雛人形は総合的なまとまりがないとバランスが良くありません。


雛人形の一部のみを強調するお店は気をつけてください。

雛人形(ひな人形)の不当表示広告追放キャンペーン

image 雛人形(ひな人形)の選び方は、このポスターに書かれていることを守っているお店選びからはじめましょう。

>>>社団法人・日本人形協会の「不当表示広告追放キャンペーン」
ページ先頭へ戻る